スカイ総合ペット専門学校

教師紹介・特別講義

教師紹介

ハイレベルな授業を担当する一流教師

現役の獣医師や訓練士など、スカイの教師は全員が犬のプロ!レベルの高い授業を自らの経験談を交えて、学生たちにプロとして働く上で本当に必要な技術・知識を伝えています。

動物看護の知識を学びましょう
山中 旭 先生
獣医師
スカイペットクリニック
院長
訓練のことならおまかせください
岡田 美穂 先生
JKC公認訓練練士
犬の基礎を学んでいきましょう
伊藤 道弘 先生
教頭
JKC公認犬種群審査員
JKC公認トリマー教士
実践で使える技術を指導します
小池 裕美 先生
JKC公認養成機関教師
JKC公認トリマーA級
JKC公認ハンドラーB級
丁寧にわかりやすく指導します
髙橋 由香 先生
JKC公認養成機関教師
JKC公認トリマーA級
JKC公認ハンドラーB級

犬のプロ、校長も直接指導

校長は元警察犬訓練士であり、トリミング、訓練、アニマルセラピーなどあらゆる犬の仕事に携わっている犬のエキスパート。
自ら授業を受け持ち、学生たちへ丁寧に技術や知識を伝えています。

校長のここが凄い!!
日本に十数名のトリマー師範!!
トリマー師範はトリマー資格の中で最高ランク。
トリマーライセンスの試験委員も校長が行います。
JKC公認トリマー資格は「C級」「B級」「A級」「教士」「師範」の5段階。もっとも難易度の高い「師範」の資格を持っている人は日本に十数名のみです。JKCトリマーライセンスの試験委員でもある校長が自らトリマー資格試験の審査員を務めます。また、高い技術力を持つ校長のトリミング指導も好評です。
世界のドッグショーで活躍!
海外のドッグショー審査もできる国際全犬種審査員。
もっとも優れた犬を決定する審査員として、世界中で活躍!
犬の美を競うドッグショーの審査員として、日本はもちろん、世界各国で活躍しています。その経歴を活かし、ハンドリング実習ではドッグショーに必要なテクニックを指導します。
訓練のエキスパート!!
「日本警察犬協会」と「JKC」の2つの訓練士の資格を持つ校長。
警察犬の訓練士として犬の仕事を始めた校長。訓練士の資格を取得するために必要な知識と技術を伝授します。訓練士時代の経験談を交えた授業は、学生からためになると好評です。
アニマルセラピー活動
長年にわたり高齢者施設でアニマルセラピー(動物介在活動)を実施。その功績により茨城県知事賞、取手市民憲章を受賞!
動物と触れ合うことでストレスや孤独感が緩和されるとして注目されているアニマルセラピー。ボランティア活動の一環として学生と共に福祉施設を訪問し、アニマルセラピーの一つ、動物介在活動(アニマル・アシステッド・アクティビティ=AAA)を行っています。
校長プロフィール
中村 信孝
中村 信孝
経 歴
1944年 新潟県生まれ
2002年 ジャパンケネルクラブ本部
訓練競技大会団体の部、3年連続優勝
2004年 取手市民憲章を受賞
2005年 ジャパンケネルクラブ主催
FCI東京インターナショナルドッグ
ショーの審査委員長を務める。
資 格
  • ・ ジャパンケネルクラブ(JKC) 国際全犬種審査員
  • ・ ジャパンケネルクラブ(JKC) トリマー師範
  • ・ ジャパンケネルクラブ(JKC) 訓練教士
  • ・ 日本警察犬協会 訓練士
  • ・ I.C.C.インターナショナルキャットクラブ キャットグルーマー教士
著 書
『愛犬の困ったクセや性格を直す本』
『愛犬の困ったクセや性格を直す本』
校長先生ってこんな先生!
山家 晴香

ドッグショーで審査をしている校長先生を見ると、偉大さを感じます。
学内ではとてもフレンドリーです。

ペット総合科
山家 晴香 さん
千葉県立白井高校出身

山田 姫菜乃

経験談をたくさん話してくれます。
早く仕上げるより犬を綺麗にすることが最も大切という教えが心に響きました。

ペットトリマー科
山田 姫菜乃 さん
千葉県立流山南高校出身

特別講義

各犬種のスペシャリストが教える特別講義実習

トリミングには犬種ごとに様々な基本スタイルがあります。本校では、各犬種専門の教師から経験に基づいた深い見識と洗練されたハイレベルな技術を伝えています。ドッグショーで必要となるカットスタイル「ショー・クリップ」も基礎からじっくりと学ぶことができます。

    • プードル
      黒木 裕子 先生
    • ● JKC公認トリマー教士 ● JKC公認ハンドラーA級
      ● ペットエステスペシャルケア
    • 水中作業を容易にするため、被毛を部分的に切り取ったのがトリミングの始まり。
      次第に美的な要素が加わり、ハサミやバリカンなど、すべての道具を用いて理想のスタイルを完成させます。
    • コッカー・スパニエル
      田下 政雄 先生
    • ● JKC公認全犬種審査員 ● JKC公認ハンドラー教士
    • スイニング(スキバサミを用いるトリミング)犬種の代表ともいえるコッカー・スパニエル。
      自然体を損なわないよう、スキバサミを用いて余分なコートをすいていきます。
    • シュナウザー
      瓜生 眞砂巳 先生
    • ● JKC公認全犬種審査員 ● JKC公認ハンドラーA級
    • ショートリミングの技法のプラッキングは、トリミングナイフや指を用いて被毛を抜く作業のことで、シュナウザーの特性を保つため、より固い被毛を作り出していきます。
    • テリア
      高橋 秀美 先生
    • ● JKC公認全犬種審査員 ● JKC公認トリマーA級
      ● JKC公認ハンドラーA級
    • 外傷から体を守るため、被毛を抜いて美しく固い毛を作るストリッピング。
      授業では長脚テリアと短脚テリアのトリミング方法や専用ナイフの使い方、手指の技法を学びます。